B-bookstore~元気が出る本屋~

様々なクリエイタがセレクトしたオススメの”元気が出る本”をテーマに本を紹介します。

キャベツくんのにちようび(文研出版)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。

201707262.jpg
キャベツくんのにちようび (えほんのもり) [ 長新太 ]

オススメする人
木下典子様(イラストレーター/造形作家)

オススメするコメント
読後、ふっと肩の力が抜ける絵本です。
不思議な招き猫に主人公たちがさんざん翻弄されます。
作者得意のナンセンスワールド全開。
ラストでは、主人公たちはさらっと気持ちを切り替え、日常生活に戻ります。

オススメ人の情報
WEB
http://n-kino-art.a.la9.jp/

Twitter
https://twitter.com/NKinotti

Blog
http://keyno.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/index.html

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。
スポンサーサイト

金澤翔子の世界 ダウン症の天才書家(平凡社)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
木下典子様(イラストレーター/造形作家)

オススメするコメント
本を開いた途端、ぐいっと引き込まれます。
墨の文字がとても力強いから?それだけではありません。
やさしさ、あたたかさ、純粋さ・・・そうしたものがほとばしっているのです。
金澤祥子さんが「天才書家」と呼ばれるゆえんが分かるような気がします。

オススメ人の情報
WEB
http://n-kino-art.a.la9.jp/

Twitter
https://twitter.com/NKinotti

Blog
http://keyno.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/index.html

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

怪盗黄金バット(名著刊行会)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。

201707261.jpg
【中古】限定版コミック ランクB)手塚治虫初期漫画館 全22巻別巻1 初版復刻 / 手塚治虫【中古】afb

オススメする人
笹部紀成様(イラストレーター)

オススメするコメント
小学生の時分に藤子A先生の「まんが道」を愛読していました。
その中で少年時代の藤子不二雄先生の手塚漫画の新刊を手にする時の描写が凄くて、二人の体に電流が走るのです。
その影響で昭和50年代、発行が始まった手塚治虫全集を集めだしました。
昭和20年代の手塚作品は空想科学漫画(宇宙、ジャングル、海洋冒険物、など)。
夏休み、ベッドでゴロ寝し、ワクワクしながら読んでました。
「怪盗黄金バット」は全集に未収録で、この復刻版を友人にプレゼントされた時は飛び上がるぐらい、嬉しかったです。

オススメ人の情報
WEB
https://sasabenorishige.tumblr.com/

Twitter
https://twitter.com/sasabenorishige

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

ファウンデーション(シリーズ全)(ハヤカワ文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
久保周史様(イラストレーター)

オススメするコメント
SFには、「時間と空間と可能性の観念」全てが含まれています。
その中でも、特におすすめの1冊(シリーズ)です。
舞台は、地球の存在すら忘れ去られた(後で出て来ますが)宇宙の大帝国の話。
自分が、未來の歴史を俯瞰で見るような、壮大なストーリー。
主人公たち(年代とともに、当然どんどん変わって行きます)と、大宇宙を旅しましょう。
今の人なら、決して取っ付きにくい内容ではありません。

オススメ人の情報
WEB
http://www.tis-home.com/shuji-kubo

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

泥流地帯(新潮文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
久保周史様(イラストレーター)

オススメするコメント
フツーの物語がフツーに9割、進んで行きます。
そして最後に、いきなり全てが変わります。
これはしかし「災害」をテーマにした物ではなく、「人」がテーマです。
著者は、どんな人にも様々な形で、「泥流地帯」はやってくるけれど、 決して負けないで、と伝えます。

オススメ人の情報
WEB
http://www.tis-home.com/shuji-kubo

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

妖怪(文春文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
杉本鉄郎様(イラストレーター)

オススメするコメント
平岩作品の「かわせみ」シリーズもたくさん読みました。
妖怪と呼ばれた鳥居耀蔵のイメージが変わってくる作品です。
昨今の政治の報道を見るにつけ、一つの物事でも伝え方によって大分イメージが変わってくることを実感します。
洋学が嫌いだったと言われる鳥居ですが、出身が学問一家の林家です。
学問を究めている家柄が頭ごなしに洋学を嫌うはずはないと思うのです。

オススメ人の情報
WEB
http://tetsuosugimoto.com/

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

FC2Ad