B-bookstore~元気が出る本屋~

様々なクリエイタがセレクトしたオススメの”元気が出る本”をテーマに本を紹介します。

704.アポロンの嘲笑(集英社)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
古屋智子様(イラストレーター)

オススメするコメント
311直後の福島で起きた殺人事件を追う刑事と容疑者。
原発作業員である容疑者は放射能の危険を顧みず倒壊した建屋に向かい、また自分の子供が行方不明となった刑事も気持ちを押し殺し捜査に当たります。
当時の被災地や社会情勢を丁寧に描くとともに容疑者の悲壮な過去、やっと出来た守りたいもの、本当の絆とは何かを考えさせられる作品です。

オススメ人の情報
WEB
http://tomotomosann.jimdo.com/

著者などの情報
中山 七里

更新日
11/26/2014

703.さも虎毛の三毛(住まいの図書館出版局)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。

703.さも虎毛の三毛(住まいの図書館出版局)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】さも虎毛の三毛 [ 土屋 耕一 ]

オススメする人
和田 浩一様

オススメするコメント
建築ではなく、言葉の専門家である著者の視点から、住・食・言葉についての思いを書き連ねている。
たとえば「バルコニーで夜の風にあたってみたい」「傘立てをトータルバランスで」など視点が実に面白い。
もう27年も前の文章だが、雑貨等も含めた今の環境の予言書と言ってもいい。

オススメ人の情報
WEB
http://www.studiokaz.com/

著者などの情報
土屋 耕一

更新日
11/26/2014

702.時代のアイコン(1950-2004)(六耀社)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
林香苗武様

オススメするコメント
最高の教科書です。
街に溢れているロゴの正体や、ふとした時に感じる「この形って何?」という問いに答えてくれた唯一の本でした。
大手町駅における地下鉄サイン計画は一見の価値あり。
ああ、東京に出てきて本当に良かった……

オススメ人の情報
WEB
http://hieido.com/jpinfo.html

著者などの情報
平野 敬子
日本デザインコミッティー (著)

更新日
11/25/2014

701.STUDIO VOICE VOL.284 AUGUST 1999 / SPEED KING 音から光へ(INFASパブリケーションズ)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。

701.STUDIO VOICE VOL.284 AUGUST 1999  SPEED KING 音から光へ

オススメする人
林香苗武様

オススメするコメント
学生時代に出会った運命の本。
なぜ速いものはカッコイイのか?
なぜ人は速さを求めるのか?
なぜ速いものが勝者なのか?………

私がこの本から学んだのは「速度は絶対的な力である」ということ。
文中に見られる未来派的な言い回しと中村哲也氏の作品が最高にクールで、いつもエネルギーを頂いています。

オススメ人の情報
WEB
http://hieido.com/jpinfo.html

著者などの情報

更新日
11/25/2014

700.ぼくは勉強ができない(新潮文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
橋本崇秀様

オススメするコメント
高校時代、国語の先生に「面白い本ないですか?」と質問して教えてもらった本です。
先生から「勉強ができなくてもいい」と言われたような気がして、読む前から既に面白い本でした。
この本を読むと自分の中で普段は隠れている何かが湧いてきます。
私はそれを「元気」や「勇気」だと思っています。

オススメ人の情報
WEB
http://smackdesign.blogspot.jp/

著者などの情報
山田 詠美

更新日
11/25/2014

699.献灯使(講談社)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
熊谷充紘様

オススメするコメント
情報に振り回されず、自分の実感を大切にすること。感じたことを伝えにいき、相手の気持ちを聞くこと。
お互いが向き合うことで、希望のような灯りがともる。
悲しみを受け入れた先の物語には笑いがあって、作者のそのエネルギーに力をもらう。

オススメ人の情報
WEB
ignition gallery

僕らの未開

著者などの情報
多和田 葉子

更新日
11/25/2014

FC2Ad