B-bookstore~元気が出る本屋~

様々なクリエイタがセレクトしたオススメの”元気が出る本”をテーマに本を紹介します。

1671.かおかおどんなかお(こぐま社)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
中村muchoよしてる様(アーティスト)

オススメするコメント
シンプルな線でさまざまな表情をみせてくれる「かお」。
日常の何事も複雑になりすぎるけれど、単純なもほど気持ちがよい。
そうそう、これでいいんだよなぁ。と思わせてくれる本。

オススメ人の情報
WEB
http://nakamuramucho.com/

著者などの情報
柳原 良平

更新日
12/07/2016

1670.ちょっときて(小学館)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。

201612071.jpg

オススメする人
米増由香様(イラストレーター)

オススメするコメント
瀬川康男さんの絵本が大好きです。
「いないいないばあ」がよく知られていると思うのですが「ちょっときて」も素敵です。
これも短い、なにげないお話ですが大人でもひきこまれる魅力があって…。
まさに絵本にとどまらず芸術の域にもなる絵本だと思います。

オススメ人の情報
WEB
http://www.art.zaq.jp/yonemasu/

著者などの情報
瀬川 康男

更新日
12/07/2016

1669.ふたり(冨山房)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
米増由香様(イラストレーター)

オススメするコメント
瀬川康男さんの絵本が大好きです。
「にやり」「きらり」「ばさり」「にたり」…
ねずみとねこの動きの音だけでお話が進むとってもシンプルな絵本。
なのに、ほっこりします。

オススメ人の情報
WEB
http://www.art.zaq.jp/yonemasu/

著者などの情報
瀬川 康男

更新日
12/07/2016

1668.ベロニカは死ぬことにした(角川文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
平尾香様(イラストレーター)

オススメするコメント
つまらない毎日を変える方法は様々ですが、ベロニカの選んだ道とは…ベロニカが気づいたこととは…。
この深い青い闇の中を通過したのなら、朝、目が覚めて繰り返される毎日が意味を持って輝き始めることでしょう。

オススメ人の情報
WEB
http://www.kao-hirao.com/

著者などの情報
パウロ コエーリョ
平尾 香 (イラスト), 江口 研一 (訳)

更新日
12/07/2016

1667.アルケミスト 夢を旅した少年(角川文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
平尾香様(イラストレーター)

オススメするコメント
生きてゆくことは、旅するようなこと。目的地は希望であり夢。
歩んでゆく道の途中での出会い、試練、選択は、人を大きく成長させてくれます。
自分の人生と少年の旅がリンクしながら、たくさんのことを気づかせてくれる本。
読み終えた時、きっと、今この本を手にとった深い意味に感謝したくなることでしょう。

オススメ人の情報
WEB
http://www.kao-hirao.com/

著者などの情報
パウロ コエーリョ
山川 紘矢 (訳), 山川 亜希子 (訳)

更新日
12/07/2016

1666.奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき(新潮文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
南景太様(イラストレーター)

オススメするコメント
著者が脳卒中で左脳の機能がこわれた時、右脳のみで感じた世界はニルヴァーナ(涅槃)のようだったといいます。
世界・宇宙は、感じ方・捉え方次第でどんな姿にもなる。
人間の可能性と宇宙の可能性、どちらも感じられるとてもワクワクする本です。

オススメ人の情報
WEB
http://minamikeita.com/

Twitter
https://twitter.com/nyokinyoki_k

著者などの情報
ジル・ボルト テイラー
竹内 薫 (訳)

更新日
12/06/2016

FC2Ad