fc2ブログ

特定非営利活動法人元気が出る本屋@B-Bookstore

様々なクリエイタがセレクトしたオススメの”元気が出る本”をテーマに本を紹介します。本ページはプロモーションが含まれています。

2875.高山なおみの料理(KADOKAWA)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック



オススメする人
白村玲子様(イラストレーター、グラフィックデザイン)

オススメするコメント
華美な装飾も、複雑な手順も、特殊な道具もいらない。
自分ができることをやればいいよ、と語りかけてくるような本です。
料理のことを言っているのに、そのとき自分が悩んでいることに答えてくれるような不思議な本です。
寄り添いながら料理を教えてくれるような語り口のせいかもしれません。

オススメ人の情報
WEB
https://reikohakumura.tumblr.com/

Twitter
https://twitter.com/reikohakumura

instagram
https://www.instagram.com/reikohakumura/

スポンサーサイト



2874.100の指令(朝日出版社)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック



オススメする人
白村玲子様(イラストレーター、グラフィックデザイン)

オススメするコメント
本棚にこの本があるのを見ると、なぜか心が落ち着きます。
ふと偶然開いたページに書かれているシンプルな指令にどう答えるのか。いや、答えなくてもよいのか……。
私の場合は、指令に対する行動を妄想して満足します。
直接社会には貢献しないかもしれませんが、世界との接点が増えた気がして、それだけでも心が軽くなります。

オススメ人の情報
WEB
https://reikohakumura.tumblr.com/

Twitter
https://twitter.com/reikohakumura

instagram
https://www.instagram.com/reikohakumura/

2873.ピンポン(小学館文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック



オススメする人
坪本幸樹様(イラストレーター)

オススメするコメント
高校卓球を舞台に躍動する、主人公とライバルたちの苦悩と成長を描くスポ根漫画です。
“才能の壁”という残酷な課題に向き合い、もがきながら前に進む姿に、「自分も頑張ろう」と思わせてくれる作品です。
絵も言葉も魅力的で、何度読んでも松本大洋さんの表現力に圧倒されてしまいます。

オススメ人の情報
WEB
https://kokitsubomoto.myportfolio.com/

Twitter
https://twitter.com/koki_tsubomoto

instagram
https://www.instagram.com/koki_tsubomoto/

2872.Newウォーリーをさがせ!(フレーベル館)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック



オススメする人
マエダユウキ様(イラストレーター)

オススメするコメント
ウォーリーを探しているだけでももちろん楽しいのですが、ウォーリー以外の群青劇をよくみてみるとすごく楽しいです。
言葉がなくてもストーリーやセリフを感じるし想像しているだけで元気が出ます。小さい頃からずっとお世話になっています。

オススメ人の情報
WEB
https://yuki-maeda.com/

Twitter
https://twitter.com/maedayuuki

instagram
https://www.instagram.com/maedayuki711/?hl=ja

2871.HENRI'S WALK TO PARIS(UNIVERSE PUBLISHING)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック



オススメする人
高藤純子様(イラストレーター)

オススメするコメント
アメリカのグラフィックデザイナー、ソール・バスが描いた絵本。
大胆な構成とシンプルにデフォルメされたイラストは何度みても飽きることなくワクワクします。

オススメ人の情報
WEB
http://www.takafuji-junko.com/

Twitter
https://twitter.com/takafujijunko

2870.PK(講談社文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック



オススメする人
村田青葉様(劇作家、演出家、俳優)

オススメするコメント
「彼は信じている。時を超えて、勇気は伝染する、と」というテーマで描かれる、中編3作からなる1つの小説です。
その構造も面白く、読者としてはもちろん、創り手としても、実際に僕に勇気をくれています。
こうして勇気は伝染すると、作者の伊坂幸太郎さんは信じているのでしょうし、僕も信じています。

オススメ人の情報
WEB
https://nobinobi-aoba.tumblr.com/

https://note.com/nobinobi_aoba/

Twitter
https://twitter.com/AOBA_WORKS