B-bookstore~元気が出る本屋~

様々なクリエイタがセレクトしたオススメの”元気が出る本”をテーマに本を紹介します。

いちご物語(白泉社文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
久保田真理様(イラストレーター)

オススメするコメント
1年に1回くらい読み直す。
純真てこういう事かと。
あこがれが沢山つまっています。
読んだ後は主人公の喋り方とラップランド語を話してしまう。

オススメ人の情報
WEB
https://www.marikubota.net/

https://digmeout.net/artists/mari-kubota/

Instagram
https://www.instagram.com/mari_kebota/

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

中原淳一人形集(淳一文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。

201806081.jpg
中原淳一人形集 すぐ出来るぬいぐるみ (淳一文庫) [ 中原淳一 ]

オススメする人
久保田真理様(イラストレーター)

オススメするコメント
中原淳一の人形の写真と作り方、型紙もついてます。
かわいいしか言えない。

オススメ人の情報
WEB
https://www.marikubota.net/

https://digmeout.net/artists/mari-kubota/

Instagram
https://www.instagram.com/mari_kebota/

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

すきまのおともだちたち(集英社文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
chitosechitose様(イラストレーター)

オススメするコメント
ふとした瞬間に、“すきま”にすべり落ちてしまって始まる物語です。
あるがままを受け入れ、力強くまっとうに生きるすきまの世界の人々と、普通なはずの主人公とのやりとりからは、頭のコリがほぐれるような、じんわり内側から温まる、柔らかい元気を貰えると思います。
心を撫でてあげたい時にぜひ。

オススメ人の情報
Twitter
https://twitter.com/g_katsuo

Instagram
https://www.instagram.com/ctscts_art/

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

魔女の宅急便(その3) キキともうひとりの魔女(福音館書店)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
秋永悠様(イラストレーター)

オススメするコメント
シリーズの3冊目は、16歳になったキキがはじめて経験する不安や恐れ、嫉妬心と向かい合い、それを乗り越えていく行程が描かれています。
読みながら、キキの揺れ動く心情と自分の心情が重なり、時に不安に押しつぶされそうになりますが、読み終えた後は梅雨明けの青空のように、清々しい気持ちになります。
大好きな一冊です。

オススメ人の情報
WEB
http://www.yu-akinaga.com/

Twitter
https://twitter.com/YuAkinaga

Instagram
https://www.instagram.com/uyaganika/

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

あいたくて(大日本図書)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。

201806071.jpg
あいたくて (小さい詩集) [ 工藤直子 ]

オススメする人
竹﨑勝代様(イラストレーター)

オススメするコメント
どのページを開いて読みはじめても、「そうそうそうなんです」と、うなずき、心がもみほぐされるように、言葉が自由に連なり気持ちをほぐしてくれる詩集です。
さりげなくも勇気付け元気をくれる工藤さんの詩が大好きです。

オススメ人の情報
WEB
http://www.takezakikatsuyo.net/

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

西の魔女が死んだ(新潮文庫)

→まずはご一読下さい。

→今までの本、人の情報はWEBをチェック

→まとめ、はじめました。



オススメする人
竹﨑勝代様(イラストレーター)

オススメするコメント
何か、心の芯になる正しさが上手に育まれ、手渡され、受け継いでいかれるような気持ちになれるお話です。
悲しみに触れてこそ、人は強くなれると知りました。
初めて読み終えた時、清々しい涙が流れて、心を沪過出来たように感じました。

オススメ人の情報
WEB
http://www.takezakikatsuyo.net/

FC2 Blog Ranking
この本好き、という方は是非お願いします。

FC2Ad